2012年08月13日

有料老人ホームを退去、高齢者専用賃貸住宅へ入居して一年あまり

昨年5月に、東大阪市の介護付き有料老人ホーム(近鉄奈良線沿い)を退去して大阪市内の高齢者専用賃貸住宅に入居した。

ひとり暮らしが不安で、いずれ老人ホームに入ることになるなら若いうちにと思い入居したが、私の苦情、要望がキツすぎたのか、施設から度重なる陰湿な嫌がらせを受け、恐怖すら感じて退去した。
説明を求めたら組織ぐるみで幾度も嘘の回答を受けた。

本ブログを汚したくないので、詳細は別のサイトで投稿することにする。

今の施設に入居して一年あまりになるが、事務所に管理人一人と社会福祉法人の高齢者居住支援グループが待機しているので、不安はない。
ただ風呂の用意と掃除が面倒なので、使わずじまい。チャリンコで15分ほどかかるが阿倍野のフィットネスクラブ東急スポーツへ5〜6回/週、通ってる。


当分、今の施設に居るつもりだが、いずれ老人ホームに入ることになると思うが、下記点も調べて施設を選ぼう。

◎財務諸表を閲覧して、健全経営な状態であること。
◎少なくとも数カ所の施設を経営しており、経験ある訓練された施設長が居ること。
◎80歳過ぎて老人ホームに入居するなら、月額管理費は高くなるが入居一時金が限りなくZeroに近いこと。
最近、この形態が増えているようだ。
◎最低、一日は体験入居して特に、食事内容をチェックしよう。
昼食だけとって入居を決めたのは失敗だった。
朝:368円
昼:577円
夕:945円/1890円
が入居時の条件だった。
夕食の不味さに何度も苦情したが、改善されず。
朝:450円
昼:660円
夕:780円/1890円
と金額だけ変更してきた。
職員がとる昼食中心の食事内容で、入居者に配慮した金額に見合った内容にあらず。





21:02 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。