2011年07月08日

マウ筋からStrokeItに移行した。

先日、新しいパソコンの購入手配をした。
Win_xpからWin7 64bitへの移行に際し互換性の問題が発生するが、最も困っているのは長年、
重宝してきたマウスジェスチャー「マウ筋」の作者が64bitへの移行を断念したことだ。
利用者も多く、多機能で柔軟性のあるソフトだったので残念だ。

代わりのソフトを検討してみた。
かさぐるマウス
機能が限定的でマウ筋の代用にはならない。

MouseGesture.ahk
AutoHotKeyというソフトも必要で、難解過ぎてギブアップする人も多いようだ。
ここまでの多機能の必要性は感じなかった。

StorokeIt
海外ソフトということもあり、マウ筋ほど普及していないと思われるが、
充分その代用になるようで移行することにした。
初期値に登録されているジェスチャーで混乱したが、すべて消してから使った。
(登録内容)

[全般]・・・すべてのAPで適用
AP終了:Alt+F4
戻る:Alt+←
進む:Alt+→
ページTop:Home
ページBottom:End
タブを閉じる:Ctrl+W
タブの切替F:Ctrl+Tab
タブの切替B:Ctrl+Shift+Tab
PageDown:PageDown
PageUp:PageUP
サイドバーの開閉:Ctrl+B
ズーム+:Ctrl++
ズーム解除:Ctrl+0
更新:F5
貼付け;Ctrl+V
すべて選択&コピー:Ctrl+AとCtrl+V
履歴バーの開閉:Ctrl+H
ArtTips:ClipBoad&TextBuffer:Shift+Shift
ArtTips:ID,PassWord:Ctrl+Ctrl

[IE]
サイドバーの開閉:CTRL + SHIFT + i

[Jane Style]
・ここまで読んだ&そのタブを閉じる
[ALT_DOWN][ALT_UP]tkl…キーストロークを送る
100…ユーティリティ遅延
[CTRL_DOWN]w[CTRL_UP]…キーストロークを送る

・お気に入り更新
[ALT_DOWN][ALT_UP]o
100



[Firefox]
コンテキストメニューの表示・・・Shift+F10(右クリックで表示出来ないSpeed Dial画面で利用)

これだけの登録で、その他のアプリケーションはJane Styleを除いて、
すべて[全般]で登録した内容で動作することになる。

マウ筋を利用していた人は、ほとんどこのソフトで代用できると思うので薦めたい。
軌跡も出て判り易いし、僕は使ってないがランチャーソフトとしても使える。
ただし、登録作業はマウ筋の方が単純で使いやすい。


ただしFlash上での動作は不安定。

注)上記は2014/5/8更新した。
先日、新しいパソコンの購入手配をした。
Win_xpからWin7 64bitへの移行に際し互換性の問題が発生するが、最も困っているのは長年、
重宝してきたマウスジェスチャー「マウ筋」の作者が64bitへの移行を断念したことだ。
利用者も多く、多機能で柔軟性のあるソフトだったので残念だ。



(アクションの分かりにくい例)
/Down … 斜め左下
\ Down … 斜め右下
N reversed … 逆からNを描く
10:09 | 大阪 ☁ | Comment(3) | マイコンピュータ
この記事へのコメント
マウスジェスチャーを検索していました。StorokeItの解説、わかりやすく参考になりました。
Posted by at 2012年03月08日 15:55
はじめまして。
マウスジェスチャの目的、マウスの動き、対応キーボードのように並んでいると分かりやすいと思いました。
例:
前のページに戻る、←、[BackSpace]
のように。
といいつつ、私はStrokeItの話をした時に対応キーボードは書きませんでしたが…。
http://www.ysugiyama.com/vinyl/souko/freeware-history02.html

変な質問ですが、IEやFireFoxでメニューの表示/非表示はそれほど必要ですか?
画面が狭ければ[F11]キーを押してタスクバーもない全面表示にすると思うのですが…。
Posted by 杉山 at 2012年05月12日 21:59
>メニューの表示/非表示はそれほど必要ですか?
今はサイドバーの表示/非表示に変更。
>F11
23インチモニタで全画面は使っていません。

その他、設定は一部変えています。
Posted by okb at 2012年05月12日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。