2013年11月27日

FirefoxからSleipnir4に乗り換えた。

先日、国産のSleipnir4がGoogle Chromeと同じBlinkエンジンを採用したことを知り、インストールしてみた。

カスタマイズが容易でパーフォーマンスもFirefox,Chromeに劣らず、とても気に入り既定のブラウザとした。
Firefoxの前はSleipnir1.66を使っていたが、Sleipnir4はBlinkを既定のエンジンにしたこともあり大きく進化していた。


カスタマイズ
・Google Chromeの拡張(Chromeではアドオンではなくエクステンションと言う)を活用。
・FirefoxのGreasemonkeyスクリプトを活用。
・既定の検索エンジンは直接、設定ファイルをGoogleに変更(検索バー、SuperDrag Extension)
・キャッシュフォルダをRAMディス設定。
・その他のカスタマイズはSleipnirの標準を利用。


Firefoxの場合、カスタマイズ性は高いが、ここに記述の通り、かなり複雑で面倒である。
Slepnirの場合、アドオンやuserChrome.css、about:confg等に頼らず、標準でできることが多い。
例えば
・ユーザーエイジェントの設定
・ページの自動更新
・タブの開き方
・タブの高さ、サイドパネルの自動開閉や幅調整等・・・・・、



Firefoxに比して気に入らないことと言えば
1.タイトルバーを非表示に出来ないこと。

2.ブックマークパネルのスクロールバーの幅の調整が効かない。

3.検索バーで中クリック貼付け出来ない。

4.Blinkエンジン使用しているため、メモリ馬鹿食い。
くらいである。


Firefoxに比して良かったと思う点
1.標準のSuperDrag Extension(SDE)はSleipnir独自機能で文字列やリンク先からドラッグ方向で検索等の機能を割り当て・・・Google検索、Super Search、SuperViewで開くとJane Styleで開く等を割り当てて使用している。

2.SuperViewも1項の一部機能で開いているページを別ウィンドウで複数を表示出来る。
タブのコンテキストメニューから開く方法とキーワードを選択してドラッグ、Alt キーを押しながらドロップして検索結果を表示する方法とリンク文字列をドラッグして開く方法がある。

3.標準のDrag and Goでリンク先を裏で表示できるのも便利・・・Ctrl+クリックでもOK。

4.Chrome標準のページ翻訳は便利。

5.ブックマークをフォルダで一気に開ける。

6.ページ内検索でCtrl+F以外にGoogle Quick Scrollが面白い。
その他、Chromeウェブストアで機能追加できることが嬉しい。


[今回インストールしたChromeエクステンション]
・現在のURLをその場に生成 0.1…リンクURLを生成してSDEでIE、Firefox、Chromeを開けるようにする。
・Adblock Plus 1.6.1
・Auto Copy 3.03
・AutoPatchWork 1.9.9
⦿Awesome Screenshot: キャプチャーと注釈 3.5.2
・Chromium Wheel Smooth Scroller 1.3.4
・Click&Clean 8.3
・Context Menu Search 2.91 内蔵Super Searchの方が使い易い。
・CoolPreviews 2.0
・Customize Menu 0.5.1.0
・Always Clear Downloads 1.1
・Disconnect 5.10.1
・Extension Defender 1.0.2
・Extensions Update Notifier 2.3
・FullFeed for Chrome 1.1.7・・・動作しないGreasemonkey:LDR Full Feedの代用
・Google Quick Scroll 2.1.2
・Google Mail Checker 4.4.0
・Image Viewer 0.1.6.3
・ImTranslator: Google Translate 2.6
・LastPass 3.0.13
・Magic Actions for YouTube 6.7.0
・Notifications for Twitter, Facebook, ... 1.1.4
⦿Note Anywhere 0.6
・Page Monitor 3.3.1
・PDF Viewer 0.8.616
・Search by Image (by Google) 1.5.0
・Search the current site (サイト検索) 5.9…ブックマークレットで対応
あるいはSearch Barで「検索ワード site:URL」でもOK。
・Speed Dial 2 1.7.0
・SpellBook 1.0.8…ブックマークレットを右クリックメニューから利用
・SearchPreview 3.3
・SimpleExtManager 1.2.1.1
・Tampermonkey 3.5.3630.77
・Text URL Linker 1.3.0
・Thin Scroll Bar 1.3
・WOT 2.3.1
・Auto Price Checker 2.0.33
⦿は必要時のみ有効にして運用。


[今回インストールしたGresemonkeyスクリプト]
・anchor text selector 0.0
リンク文字列を部分範囲指定できるようにするものだが、Sleipnirでは動作せず。
Chrome同様、マウスをリンク先に移動すると手形になり、指定したい箇所でマウスを少し上に移動させると手形から矢印に変わるので、そこでドラッグすれば範囲指定できる

・Google Display the Date a Web Page was Published 0.0
検索結果に日付を表示。

・FFFFFF to EBEBEB 0.0
白色の背景ページを薄い灰色へ

・Fix Google Search Options 1.1.0

・Ads Skipper 3.2.6

・LDR Ad-Entry Blocker 0.1.7

・ldR: Show first feed 0.0

・ Deny Rakuten News 0.0

・Search Term Highlighter 0.0

・Textarea Backup 0.0

・YouTube Center 2.1.0

サンプル画面
SleipnirTop.jpg


Sleipnir.jpg



[参考:StrokeItの設定]
本ソフトは上下、左右以外に左右の斜めも設定できるが、右クリックなしでホイールクリックは不可。
ショートカットキーがあれば、すべて登録出来る。
Flash上では動作不安定なので、YouTubeの再生を拡張でHTML5としてStrokeItで運用することにし、Sleipnirのジェスチャーは使わないことにした。
2013/1/5追記)一部、動作不安定のためStrokeItをSeipnir上で使わず、内蔵マウスジェスチャーで対応することにした。

全般の設定・・・・すべてのAPに適用される。
・PageDown
・PageUp
・Quit・・・Alt+F4
・サイドバー(パネル)の開閉・・・Ctrl+B
・ZoomIn・・・Ctrl+ADD
・Zoom解除・・・Ctrl+0
・タブの切替1・・・Ctrl+Tab
・タブの切替2・・・Ctrl+Shift+Tab
・タブを閉じる・・・Ctrl+F4
・テキストエリアのクリア・・・Ctrl+A と DELETE
・TopPage・・・HOME
・EndPage・・・END
・更新・・・F5
・戻る・・・Alt+LEFT
・進む・・・Alt+RIGHT
・貼付け・・・Ctrl+V
・すべて選択&コピー・・・Ctrl+AとCtrl+V
・履歴バーの開閉・・・Ctrl+H

個別の設定
IE:サイドバーの開閉・・・Ctrl+Shift+i
Sleipnir:Restart・・・Ctrl+Shift+r
JaneStyle:タブを閉じる&ここまで読んだ・・・キーストロークを送る[ALT_DOWN][ALT_UP]t と 100ms遅延 と kl[CTRL_DOWN]w[CTRL_UP]
JaneStyle:お気に入り更新・・・[ALT_DOWN][ALT_UP]oと100とp
ArtTips:無効化・・・マウスはしっこで画面表示するので無効化
Firefox:ブックマークツールバーの表示/非表示・・・AltとVと300m遅延とTとB
[追記]
先日、Slipnir5が公開されたが、Sleipnir4と互換性のないもので、まだまだ実用できるレベルではない。
当面、既定のブラウザはSleipnir4で運用するが、Firefox,Chromeは今後もフォローしていく。
16:32 | 大阪 ☁ | Comment(0) | ブラウザ