2012年08月16日

Firefox:Stylishを導入した。

サイトの見た目を記述するためのアドオンでuserChrome.cssでも設定出来るかと無視していたが、アドオンを減らせればuserChrome.js同様、Firefoxを軽くできるのではと入れてみた。

インストールするとStylishボタンでuserstyle.org (ユーザースタイルを集めたサイト)から好みのスタイルを設定出来る。

userChrome.cssでもかなり設定しているので、今回入れたスタイルは3つだけ。

◎Firefox 4 - About:Addons - Restore Navigation Bars
アドオンマネージャーを表示したときもナビゲーションツールバーを表示。

◎Firefox 4: AppButton nxt 2 tabs (WinBlinds compat)
タイトルバーへ、タブバーを表示。
アドオン:Tabs Always In Titlebarをアンインストール。

◎Google Maps - Full Screen (Updated 12. August '08)
Google Mapの表示領域を広げる。

YouTubeやGoogle Reader用のスタイルも数多く登録されているが、アドオンやGreaseMonkeyスクリプトの代替できるものではなかった。

(2012/10/9訂正)
StylishはアンインストールしてTabsInTitlebar_mod.uc.jsを入れた。
わざわざ入れるほどではないかと・・・
この方が軽い。
21:14 | 大阪 ☀ | Comment(0) | ブラウザ

2012年08月13日

Firefox:userChrome.jsを導入した。

Greasemonkeyスクリプトとは別に、userChrome.jsスクリプトがあることは知っていたが、下記サイトを見て判りにくく控えていた。
http://firefox.geckodev.org/index.php?cmd=read&page=userChrome.js&word=userchrome.js

が、http://tabunfirefox.web.fc2.com/tips/userChromeJS.htmlで判りやすく説明されていたので導入することにした。
要は
1.アドオンのuserChromeJSをインストールする。
2.プロファイルフォルダのchromeフォルダを開く。フォルダが無ければ作成する。
3.chromeフォルダにxulフォルダを作る。
4.alice0775/userChrome.jsの右下の[Download ZIP]ボタンをクリック。
ダウンロードしたzipファイルを解凍し以下のファイルをchromeフォルダとxulフォルダにコピーする。
userChrome.js (既にあれば上書きする)
rebuild_userChrome.uc.xul
000-windowhook.uc.js
5.必要なスクリプトをchromeフォルダとxulフォルダにコピーする。
6.Firefoxを再起動する。

今回、インストールしたスクリプトは次の通り。アドオンの代替に利用しているので重いFirefoxが若干でも軽くなった?
自動更新等の管理ツールがないことを承知の上で利用する必要がある。

◎autoContextmenu.uc.xul
文字列をドラッグして選択したとき自動的にコンテキストメニューを表示。
動作しなくなったAuto Contextというアドオンの代替。

◎AutoCopyLite.uc.js
アドオンAuto Copy2の代替
中クリックによる貼り付けはabout:configでmiddlemouse.paste, trueに設定。

◎copy-link-text-lite.uc.js
リンクされたテキストをコンテキストメニューからコピー。
Altキーを押しながらドラグすると文字列の途中でもOKなので不用かも…

スクリプトanchor text selectorでAltキーなしでコピーできるので不用になった。

◎GoogleImageSearch.uc.js
コンテキストメニューからイメージ検索するアドオンの代替。

◎wheelscroll-to-change-search-engine.uc.js
検索バーの検索エンジンをホイールで選択。

◎Clear+Search+Term.uc.js
検索後に検索バーへ入力した文字列を消去し、検索エンジンをリセット。

◎Search+Stop.uc.js
検索履歴やsuggestの語句を「選ぶとすぐに検索」を止める。

◎AppMenuPlus.uc.js
Firefoxボタンにメインメニューバーの項目と自分で設定したメニュー(Scriptを要編集)を追加。

◎AutoCloseBookMarkFolder_Fx37.uc.js
ブックマークフォルダをIE風に開閉。
アドオンAutoclose Bookmark&History Foldersは不用になった。

◎IME-Colors.uc.js
IMEのON/OFFで入力フィールドを色変え。

すべてのAPで適用できる外部ソフト:BisqueStalkerを使うことで不用になった。

◎TabsInTitlebar_mod.uc.js
タイトルバーにタブバーを表示。
アドオン:Tabs Always In Titlebarが不用になった。

◎Launch2ch
2chアドレスをクリックしたとき、Jane Styleで開く。


◎uAutoPagerize.uc.js
グリモンのautopagerizeが17.0 Nightlyで動かなかったので乗り換えた。

◎AutoPagerizeFindHighlight.uc.js
 AutoPagerizeでページ継ぎ足し後もハイライト。

◎UndoListInTabmenuToo.uc.js
コンテキストメニューやタブメニューに最近閉じたタブリストを追加。

◎popupTranslate.cu.xul
テキスト選択後、中クリックで翻訳をポップアップ。
ページ翻訳は無理、アドオンに頼る。

◎textLink.uc.js
アドオン:テキストリンクもどき

◎NewTabPlus.uc.js
◎AutoCloseBlankTab.uc.js NewTabPlus.uc.jsがあれば不用みたい。
◎linkInNewTabForSpecifiedPage.uc.xul
上記スクリプトでうまくいかないサイトあって、user_pref("browser.link.open_newwindow.restriction",0);にした。
◎dontCloseWindowWhenCloseLastTab.uc.js
user_pref("browser.tabs.closeWindowWithLastTab", false);でOKみたい。
アドオンTab Mix Liteが不用になった。

◎Context+Searcher.uc.js
アドオン:Contex Search Xが不用になった。
Menu Editorでコンテキストメニューの位置を編集出来ないが、 userChrome.cssへ下記記述でメニューに一 番上に出来た。
 #context-searcher{-moz-box-ordinal-group:0}

◎ブックマークツールバーと未整理のブックマークを非表示.uc.js
2chで見つけたもので、アドオンSidebar Bookmark Selectorが不用になった。
// ==UserScript==
// @name ブックマークツールバーと未整理のブックマークを非表示.uc.js
// @namespace http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/software/1213888990/
// @description ブックマークツールバーと未整理のブックマークを非表示
// @include chrome://browser/content/bookmarks/bookmarksPanel.xul
// @compatibility Firefox 3.0
// @author Alice0775
// @version 2008/06/27 02:50
// ==/UserScript==
document.getElementById("bookmarks-view").place =
"place:folder=" + window.top.PlacesUtils.bookmarksMenuFolderId+"&queryType=1";


◎LaunchIE.uc.js
◎LaunchChrome.uc.js
◎LaunchFirefox_Nightly.uc.js
3件とも自作(サンプルを編集しただけ)で正式公開されていない。
アドオンAppLauncherは不用になった。

◎OpenWith_1.1.uc.xul・・・これで上記3つのスクリプトが不用になった。

◎autoSelectTab.uc.js
 マウスオーバーでアクティブに 

◎FloatingScrollbar.uc.js
スクロールバーの幅を細く、半透明化。

◎urlfilter.uc.js
アドオンAdBanが不用になった。

◎removeOldBrowsingHistory.uc.js
アドオンHistory Deleterが不用になった。

◎Search+Clipboard.uc.js
Search Engineボタンをクリックしてクリックボードの文字列で検索実行。

◎addMenu.uc.js
コンテキストメニューを拡張してアドオンを2つアンインストールできると思ったが、
アドオンMenu Editorをアンインストールしないと正常に動作せず。
当分、諦める。

◎UserScriptLoader.uc.js
Greasemonkey(Scriptish)の代用になるが、今回は見送ることにした。
インストールするとChromeフォルダにUserScriptLoaderフォルダが生成されるので、
そこへグリモンScriptをコピーすれば良い。
google display the date a web page was published
google reader-colorfull list view
google reader ng filter
google reader prefetch more
google reader full feed mod
の動作確認はできたが、
youtube center
は動作せず。

21:43 | 大阪 ☔ | Comment(0) | ブラウザ

有料老人ホームを退去、高齢者専用賃貸住宅へ入居して一年あまり

昨年5月に、東大阪市の介護付き有料老人ホーム(近鉄奈良線沿い)を退去して大阪市内の高齢者専用賃貸住宅に入居した。

ひとり暮らしが不安で、いずれ老人ホームに入ることになるなら若いうちにと思い入居したが、私の苦情、要望がキツすぎたのか、施設から度重なる陰湿な嫌がらせを受け、恐怖すら感じて退去した。
説明を求めたら組織ぐるみで幾度も嘘の回答を受けた。

本ブログを汚したくないので、詳細は別のサイトで投稿することにする。

今の施設に入居して一年あまりになるが、事務所に管理人一人と社会福祉法人の高齢者居住支援グループが待機しているので、不安はない。
ただ風呂の用意と掃除が面倒なので、使わずじまい。チャリンコで15分ほどかかるが阿倍野のフィットネスクラブ東急スポーツへ5〜6回/週、通ってる。


当分、今の施設に居るつもりだが、いずれ老人ホームに入ることになると思うが、下記点も調べて施設を選ぼう。

◎財務諸表を閲覧して、健全経営な状態であること。
◎少なくとも数カ所の施設を経営しており、経験ある訓練された施設長が居ること。
◎80歳過ぎて老人ホームに入居するなら、月額管理費は高くなるが入居一時金が限りなくZeroに近いこと。
最近、この形態が増えているようだ。
◎最低、一日は体験入居して特に、食事内容をチェックしよう。
昼食だけとって入居を決めたのは失敗だった。
朝:368円
昼:577円
夕:945円/1890円
が入居時の条件だった。
夕食の不味さに何度も苦情したが、改善されず。
朝:450円
昼:660円
夕:780円/1890円
と金額だけ変更してきた。
職員がとる昼食中心の食事内容で、入居者に配慮した金額に見合った内容にあらず。





21:02 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 日記