2017年07月10日

ファイルマネージャーをFreeCommander XEに乗り換えた。

永らく重宝してきたX-Finderに問題が発生、解決できなかったので乗り換えることにした。
・Win10(64)Home Ver1703にアップデート後と思われるが、X-Finderを起動するとウィドウ画面はすぐ表示されるが操作可能になるまで1分以上かかり、CPU負荷も30%弱になる。
立ち上がった後は、従来通り快適に動く。
・X-Finderを再インストールしても、同じ現象が起こる。
インストール設定は簡単ではないが、カスタマイズ性に優れ使いやすい国産ソフトだった。
が、作者が新しいファイラー(Tablacus Explorer)を開発中でX-Finderは開発を停止したこともあり乗り換えることにした。

Clover、QTTabBar、Explorer++も使ってみたが、X-Finderの代用にはならなかった。
他にもAs/R等の高機能なものもあったが、インストールの容易さ、機能を考慮してFreeCommander XEとした。
以下は無料の32bit版を記述しており、64bit版は有償ソフトである。

(画面の設定例)
Art000.png


(各種設定の留意点)
1.プログラム(関連付け)
◎エディタ…登録するとツールボタンの「編集」から利用、引数は%ActivSel%のこと。これは使わない。
◎ビュアー…外部ビュアーと同じ内容で設定、エディタのフィルタ(拡張子)を*.*にして最下位に登録しているので、jpg、gif等のプログラムが優先実行される。
◎外部ビュアー…IrfanView、SumatraPDF、SakuraEditorを設定した。ショートカットキー(Shift+Enter)で操作できる。ショートカットキーの設定、変更はツール>キーボードショートカットの定義から
◎クィックビューアー…反対側のパネル左、上等の位置を指定して画像やテキスト、PDFの内容を次々と表示できて意外と便利。プラグインは下記のみ。
名前=SumatraPDF、検出文字列=(ext="PDF") | ([0]="%" & [1]="P" & [2]="D" & [3]="F" & [4]="-" & [5]="1")、ファイル名=C:\Users\????????\AppData\Local\FreeCommanderXE\wlx_sumatrapdf\SumatraPDF.wlx
http://totalcmd.net/plugring/sumatra.htmlよりダウンロードできる。

2.アクションツールバーをカスタマイズ
◎デスクトップ…これをお気に入りに登録できないので設定。ごみ箱を空にするために入れた。C:\Users\(ユーザー)\Desktopに「ごみ箱」を設定できないため。お気に入りに登録したごみ箱からは空にできない。
ごみ箱を空にするボタンが用意されてないので手間取った。←ごみ箱を右クリック>コンテキストメニュー>ごみ箱を空にする、またはごみ箱を表示して空白部で右クリックすれば「ごみ箱を空にする」が出てくることに気づく。
◎フォルダを反対側のパネルで開く…以外と便利。
◎2画面/1画面パネル
◎その他16個のボタンを設定

3.お気に入りツールバーをカスタマイズ
◎FastCopy…引数=%ActivSel%でコピー元が設定されコピー先、方法(同期、差分、移動とか)を選択してコピーできる。D&DもOK。
コピー先フォルダの最後尾の"¥"の有無に注意!
◎Everything…引数=-path %ActivDir%で検索範囲を絞れる。
◎ファイル名でGoogle検索…プログラムまたはフォルダー=C:\Program Files\Mozilla Firefox\firefox.exe、引数=https://www.google.co.jp/search?q=%ActivSelName%で行けた。
◎Firefox…引数=%ActivSel%
◎Feedly、Gmail…URL設定のみ

4.アドレスツールバーのカスタマイズ
アクションツールバーと同様にツールボタンを配置出来る。

5.ファンクションキーバー、スプリッターバー、ファイルコンテナバー
使用しない、アクションツールバーとアドレスツールバーで調整した。

7.レイアオウトの保存
現在の表示スタイルを保存し、アクションツールバーに設定できる。
但し、「すべてのタブをとじてから、保存したタブを開く」しか設定できない。「すべてのタブを残したまま、保存したタブを開く」では動作しない。←バグ?

(X-Finderと比較したときの不満点)
1.フォルダ毎の表示設定が保存できない…レイアウトの登録やレイアウトの保存で一部代替。
但し、列の名前、サイズ、更新日時等の見出し部を右クリック>列プロファイル>現在の列表示設定をフォルダー固有のプロファイルに追加で列表示状態のみ個別に可能。
ごみ箱は既定値で見にくいので追加設定した。

2.ツールバーのキャプション表示にマウスオーバーが欲しい。

3.FreeCommander XE独自のにコンテキストメニューがないので、ツールバーが肥大になる。

4.X-Finderのように「エクスプローラの代わりに開く」設定がない…コンテキストメニューに"FreeCommanderde開く"を追加したのでExplorerからFCに繋がるので、さほど支障ない。

(追記)
本ソフトを既定のファイラーに出来ないので、Everythingから開くとExplorerが起動されるが、Everythingのオプション>コンテキストメニューで「規定のファイラーで開く」を下記にすれば、新しいタブで開ける。
$exec("C:\FreeSoft\FreeCommander XE\FreeCommander.exe" "/T" "%1")
但し、FreeCommanderの複数起動を許可するとマウスジェスチャーが異常とかが起こるので注意。
20:01 | 大阪 ☁ | Comment(0) | マイコンピュータ

2017年04月22日

多機能ランチャーソフト:ArtTipsは Windows10(64) created updateしても強力だった。

Windows10(Ver1511)では問題なく動作していたが、created update(Ver1703)で一部不備が出たので設定変更で対応した。
本ソフトはWindows10に正式対応していない。
PC移行等で、いつも手間取るので設定をメモした。

*POPUP MENUの設定
・Application Pop Up Menu、Desktop Pop Up Menuは同じ内容
・貼り付け、CLIPBOAD履歴…OFF
・PASSWORD登録…ON
・Application Process内でPop Up、IE保護モードに対応する…OFF

*マウス起動設定
・左ボタン押したまま右クリックのみON…デスクトップ上、アプリケーション上共にポップアップ出来る。
・はしっこマウス…すべてOFF、これをONにするとVer1511では動いたがVer1703ではシステムフリーズする。


*HOT KEY起動設定
・キャレット位置にPOPUP…ON
・Desktop、PASSWORD…OFF
・Application…Ctrlx2
・AUTO FIFO、Exchange Clipbord、Dialog拡張、Screen Saver、Cursor移動…すべてOFF

*快適ホイールマウス…ON

*透明化ホイールマウス…OFF

*Volumeマウスホイール…OFF

*X-Mouse…ON、アクティブウインドウズ切替、ウィンドウを手前に移動、反応速度:500ms



以下の内容がPOP UP MENUに表示される。

*CAPTURE…Window Capture、Cut Capture、Screensaver Capture、Time Capture、Slide Captureを使い分けする。

*TEXT BUFFURの登録…常用するテキストを登録、貼り付け出来る。

*PASSWORDの登録

*フォルダの登録

*アプリケーションの登録

【追記】
この状態の設定では「はしっこマウス」が動いた。
13:02 | 大阪 ☁ | Comment(0) | マイコンピュータ

2017年04月18日

パソコンを新規更新した。

パソコンを弄って、トラブったこともあり新規購入した。
4/7発売のAcer XC-780-N58FをAmazonで期間限定の10,000円引きの60,000円で買えた。

現機種
ASUS P30AD-W10I5WHT
CPU i5-4460
メモリ 4GB
HDD 1TB
インテルR HD グラフィックス 4600

新機種
Acer Aspire XC-780-N58F
CPU Core i5 7400
メモリ 8GB
HDD 1TB
Intel HD Graphics 630
マウス、キーボード、スピードが付属するも使わず。
ディスプレイ、無線マウス(5点、横スクロール)、キーボードは流用した。


環境設定で戸惑った点
Windows Updateで更新するとAnniversary Updateバージョン1607となり、そのまま移行作業を進めたがCreators Updateが気になり、MediaCreationTool.exeをDLしてバージョン1703へのアップデートを進めた。

1.MediaCreationTool.exeを実行してDLが終わると画面の真っ黒の状態が長時間続き、前機種で1511から1703へのアップデートの失敗と思い我慢出来ず電源OFFした。
電源ONしても画面の真っ黒の状態になり、OSが立ち上がらないと思い、また電源OFFした。
再び電源ONして放置しておくとOSが立ち上がっていた。
それならと、MediaCreationTool.exeを起動してDL終了後、放置してアップデートが完了した。

2.1607で弄ったレジストリは引き継がれない。
・スクロールバーを細くする。
・キーボードのキー配列の変更
・タイトルバーの高さを低く
HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\WindowMetrics
CaptionHeight… -330→-210(要再起動)

3.言語バーが表示されず、タスクトレイに「あ」OR「A」が表示される。
・コントロールパネルから設定。

4.IME入力モードの切り替え時、画面中央に「あ」か「A]が表示される。
・フリーソフトの「aknosign」でテキストエリアを識別しているので非表示にした。

5.HDMIケーブルで接続したPCの左側に置いたテレビ画面へPC画面の左側から移動できない。
・設定>システム>ディスプレイで「1」、「2」をドラグして逆にする。

6.マウスのプロパティ設定が初期値に戻る。
・ポインターの大きさ、ポインターオプションは要再設定。

7.復元ポイントの作成、システムの復元が変わった?
・C:\Windows\System32\SystemPropertiesProtection.exeのショートカットキーをつくった。
13:24 | 大阪 ☀ | Comment(0) | マイコンピュータ

2017年02月15日

甘酒麹をブレンダーで手作りした。

甘酒麹は飲む点滴と言われるほど、その効能は知られている。
便秘気味を解消したく、2年ほど前にはじめたが、甘すぎて後味が悪く続かなかった。
しばらく、ヨーグルト等に頼っていたが、やはり便秘には甘酒の方が効果があったので、また始めることにした。

米麹とごはんから作った甘酒は、つぶつぶが残り牛乳や豆乳に混ざりにくくて飲みにくいので、このつぶを消すため、ブレンダーを使った。
つぶは完全に消えて、牛乳と1:1の割合で飲むと、けっこう飲みやすく続けられそうだ。

(こうして手作り)
材料
・米麹:200g
P1020833.JPG

・ごはん:100g
かゆにして利用

・水:500ml

ごはん、水はもう少し増やしてもヨーグルテリアの容量には余裕があるので、大丈夫だと思う。

道具
・ヨーグルテリア
P1020829.JPG

・ハンドブレンダー
P1020832.JPG

専用カップが付属してるが、ヨーグルテリアの器でブレンドできる。
30秒ほどでつぶはなくなる。

完成
58℃、10時間で完成。
(ブレンド前)
P1020836.JPG


(ブレンド後)
P1020837.JPG
11:16 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 日記

2017年01月25日

Vivaldi 1.6 を使ってみた所感

Vivaldiは、Operaの創設者のひとりによって2015年1月に公開されたChromiumベースの新型Webブラウザです。
現在、利用しているFirefoxの機能に近づけるべく、20個ほどの拡張をインストールして使ってみた。


1.Chromeより使い易い。

2.パーフォーマンスは期待外れだった。Firefox 50.1より落ちる。

3.userstyles.org に登録されているStylishツールも使えないものが多い。

4.FirefoxのGreasemonkeyに互換性高いとされるTampermonkeyもVivaldiでは動かないものが多い。

5.Firefoxでは可能でVivaldiやChromeでは出来ないこともあり、乗り換える意味はない。
やはりカスタマイズ性に優れた点でFirefoxが使い易い。

・複数単語のページ内検索ができるアドオン:searchWP、検索した語句が検索窓に自動で入るアドオン:SearchBoxはペアで使うと効果大で、これに代わるものはない。このお陰でCtrl+Fは使ってない。
乗り換えるには、これは必須である。

・ボタン等へのマウスオーバーでブックマークツールバー、メニュー、検索エンジン選択、検索履歴、閲覧履歴等が開閉出来ない。

・コンテキストメニューが文字列選択で即開いたり、同時に複数文字列選択したり、
検索履歴から語句を選択して即検索を止めたりは出来ない。

・Firefoxではプロファイルマネージャーで複数のプロファイルマネージャーが作れ、同時に起動したり新規プロファイルで動作確認が容易にできるが、Vivaldiではどうかな?



Firefoxは
・日本語サポートサイトが多い。
・GreaseMonkeyやuserChromeJSスクリプトに有用なものが多い。とくに後者。
・Stylishもuserstyles.orgからかなり利用できる。
・about:configで動作を替えられる。
ということでカスタマイズ性が高い。
しかし、カスタマイズで動作不備になったときの対応が面倒である。


16:41 | 大阪 ☀ | Comment(0) | ブラウザ

2016年01月06日

スター・ウォーズ フォースの覚醒を観てきたが…

アトラクション型4Dシアター(MX4D)を体感できるのは、大阪市内ではTohoシネマ難波だけ

MX4Dとは座椅子に下記のような仕掛けをした3Dシアターのこと。
MX4D.jpg


期待して観に行ったが、ちょっと期待外れだった。
・3Dとしては普通で、特に進化しているとは感じられなかった。
・座椅子は傾き、風、噴射、背中と座の突き上げがあるくらいで3Dとマッチしていたか?
・MX4D鑑賞できる座席数が100足らずで画面も小さめで迫力不足。
・シニア割引で2700円は高過ぎる。

21:22 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 日記

2015年12月22日

Win10にはキャプチャーソフトが付いていた。

フリーの各種キャプチャーソフトソフトが公開されているが、Win10に便利なものが付属していた。

いままでArtTipsというランチャーソフトにあるキャプチャー機能を利用していた。
他にもキャプチャーできるソフトが多くある。

Snipping Tool
Windwswsアクセサリから利用できるもので、静止画キャプチャーはこれで十分。
遅延キャップチャーや自由形式の領域切り取りも可能。

Game DVR
Win10からサポートされたXboxの付属ソフトのGame DVRから静止画、動画がキャプチャーできる。
Snipping Toolの遅延キャプチャーはないので使い分けが必要。
Xboxのアカウントを取得、ショートカット:Win+Gでコントロールバーを表示してキャプチャーする。
8GadgetPackというガジェットのインストールソフトがWin+Gを使っていたので、原因わからず手間取った。

(追記)
システムが重くなり、動作不安定になるのでXbox自体を削除した。動画キャプチャーが必要なら専用ソフトを入れた方が良いみたい。

VClip
動画キャプチャーでMP4、AVIF等の形式で保存でき、15、25、30FPSの指定が可能。
操作は極めて単純で分かりやすい。

GifCam
開発元がVClipと同じで、Gifが容易に作れる。
Aviでも落とせるがマウスポインタは表示できない。


Print Screenキー
Win10以前からサポートされてるもので、画面全体をキャプチャーしてクリップボードへコピーし、適当な画像ソフトで張り付けて利用。
Alt+Print Screenキーでアクティブウィンドウのみクリックボードへコピー。

FirefoxでWebページ全体を撮影
コンテキストメニュー>要素を調査>歯車マークをクリックして
開発者ツールメニューの「ページ全体のスクリーンショットを撮影します」のチェックボックスをオン後、カメラマークを押して撮影完了。

PhotoScape
スクリーンキャプチャーより画像編集ソフトの部類。
GIFアニメも可能。

ScreenToGif
Gif形式で指定によりマウスポインタも含めてキャプチャーできる。
Gig→Avi変換は下記から可能
https://cloudconvert.com/gif-to-avi

19:38 | 大阪 ☀ | Comment(0) | マイコンピュータ

2015年11月24日

パソコンを更新した・・・ASUS P30AD-W1015WHT

HDMIケーブルでPC画面、音声をテレビ側に出力したいこと、光沢の液晶モニターが見難いので、
4年ぶりにパソコンを更新した。


【現在のパソコン】Win7(64)
・SONY VPC12AFJ…All in Oneタイプ
・21.5㌅光沢液晶
・CPU:i3-370M 2.4GHz
・メモリ:4GB
・地上デジタルチューナー

【新しいパソコン】Win10(64)
・本体…ASUS P30AD-W1015WHT、USB接続キーボード&マウス付き
CPU:i5-4460 3.2Gz、メモリ:4GB
・モニター…IO DATA LCD=MF244XB、23.6㌅非光沢
・ワイヤレスキーボード&マウス…SANWA SKB-WL18SETBK/R
・パソコン連動タップ…SANWA TAP-RE37M


【Win7→Win10へ移行・・・外付きHD利用】
1.基本は各ソフトをダウンロード→インストール→設定情報を上書き。
2.Win10でガジェットは標準サポートしていないので、8GadgetPackというソフトを利用。
ガジェットによってはOS起動速度に大きく影響するので要注意。

3.ブラウザのベンチマークでOctaneはWin10ではかなり低い数値になるが、Win7より遅いということだはない。
4.心配していたChagekey.exeでのキーボードの配列切替えは動作した。


【2〜3日使っての所感】
1.各ソフトの動作は少し速くなった程度だが、OS起動速度はかなり高速化している。
2.メモリ増設は、いまのところ不用?
3.HDMIでテレビ出力時、コントロールパネルから音声切替えできるが、タスクトレイのスピーカーボタンで再生デバイスを切る替える方が手っ取り早い。
4.HDMIでモニタ出力時、"表示画面を複製にする"にしていたが、"表示画面を拡張する"のマルチモニタ環境に設定した。
テレビ画面でネットビデオ、PC画面でパソコン操作…デスクトップで右クリック→グラフィックスプロパティからの設定でうまく出来た。
5.パソコン連動タップ、一度差し込むと簡単に抜けない。工具を使って抜くとき電源コードが壊れ、市販品を発注した。
6.ネットはWimax2+を利用しているが、無線は不安定さも見られるのでルータはLANケーブルで接続した。

4.HDMIでモニタ出力時、"表示画面を複製にする"にしていたが、"表示画面を拡張する"のマルチモニタ環境に設定した。
テレビ画面でネットビデオ、PC画面でパソコン操作…デスクトップで右クリック→グラフィックスプロパティからの設定でうまく出来た。
5.パソコン連動タップ、一度差し込むと簡単に抜けない。工具を使って抜くとき電源コードが壊れ、市販品を発注した。
6.ネットはWimax2+を利用しているが、無線は不安定さも見られるのでルータはLANケーブルで接続した。

【その後Win10の互換性に問題、自動起動出来ない】
マウスジェスチャー:StrokeIt、ランチャー:ArtTips
一部動作に不備があったのでプロパティから互換モードで正常動作した。
が、スタートアップに登録しても自動起動出来ない。
調べたところ、スケジューラーで自動起動すれば動作することが判った。
全般:最上位の特権で実行する
トリガー:ログオン時

14:16 | 大阪 ☔ | Comment(0) | マイコンピュータ

2015年11月09日

GoogleニュースのRSS化

GoogleニュースをRSSリーダーで閲覧出来る。

トップニュース
http://news.google.com/news?hl=ja&ned=us&ie=UTF-8&oe=UTF-8&output=rss&topic=h
社会
http://news.google.com/news?hl=ja&ned=us&ie=UTF-8&oe=UTF-8&output=rss&topic=y

同様にrss&topic=?を修正
国際.............y
ビジネス.......w
政治.............b
エンタメ........e
スポーツ........s
テクノロジー...t

さらに特定のキーワードで読むことも出来るので重宝している。
http://news.google.com/news?hl=ja&ned=us&ie=UTF-8&oe=UTF-8&output=rss&q=キーワード

08:39 | 大阪 ☁ | Comment(0) | マイコンピュータ

2015年08月09日

ベランダから淀川花火大会を見学

施設(エリシオン三国)から花火大会会場まで3.5キロほどと思うが、それなりの迫力があった。
1989年に始まったようで、有料観覧席は最高9,000円(食事付き)だそうだ。

ベランダから古いデジカメで撮影したが、うまく撮れていないと思う。

動画



静止画
P1020789.JPG

P1020784.JPG

10:08 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 日記